So-net無料ブログ作成

市川海老蔵、隠し子騒動から13年…認知した娘、もうひとつの家族と過ごす時間とは? 

スポンサードリンク




2002年、市川海老蔵(37)の隠し子が発覚してから13年の月日が経つ。



当時、海老蔵が認知した娘も今や13歳(中学2年生)へと成長…当時は赤ん坊だった娘の現在はどうなっているのでしょうか?また、現在の関係は…?

彼の、もう1つの父親としての素顔に迫りたい。

麻央夫人との間にもうけた愛息・堀越勸玄(かんげん)君も2歳となり、初顔見せの舞台へ立つまでに成長した。
海老蔵の息子の溺愛ぶりについては有名だ。

11月12日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、海老蔵の母・希実子さんはこう明かした。

「もうすごい。朝、私が散歩しているとあの子が子供を乗せたベビーカー引いて坂を上がって来るんです。あんた、こんな大変なことやってるの?って(笑)」

驚く母に、海老蔵はこう返した。

「親父はやらなかっただろ。こんなこと。だからこそ、僕はちゃんと子供の面倒を見てやりたいだ」

心温まるエピソードに、多くの視聴者が心を打たれました。

「父親としての責任を果たしたい___」

海老蔵のこの想いに偽りはない。彼は“もう1つの家族”にもその想いを向け続けていました。

時間を見つけては娘に会いに行く___

「激震スクープ 新之助(海老蔵の前名)に1歳隠し子」

2003年2月、メディアは大騒ぎとなった。

当時、海老蔵はNHK大河ドラマ「武蔵」で共演する米倉涼子との熱愛で世を賑わせていたが、彼に1歳の隠し子がいたことが誰も知らない事実だった。

娘を産んだA子さんと海老蔵が知り合ったのは1995年。当時、海老蔵はまだ高校生で、A子さんはモデルのかたわら歌手としてデビューしたばかりだった。

当初は友人を交えたグループ交際だったが、海老蔵が高校を卒業すると真剣交際に発展した。

つかず離れずの仲だったと言うが、交際6年目の2001年秋、A子さんの妊娠が発覚。海老蔵に打ち明けると、こう告げられた。

「結婚は考えられませんが、認知はします」

A子さんはすべてを了承した上で出産を決意。歌手活動をやめて実家へ戻り、2002年の冬に娘を出産した。


スポンサードリンク





あれから13年___

海老蔵とA子さん、そして娘の関係は切れてはいなかった。

歌舞伎関係者はこう語る。

「彼はA子さんに対し、毎月数十万円の生活費を送り続けてきました。初めて娘さんと対面したのは、生後3ヶ月の時。海老増産が抱いてやると笑ったそうです。でも、それからしばらくは疎遠になってしまっていたようでした」

当時、海老蔵は25歳。母親と娘の存在を抱えるには若く、そして多忙だった。

転機は2010年3月の小林麻央との結婚。翌年7月には麻央との間に長女・麗禾(れいか)ちゃんが誕生した。

このとき、A子さんと娘は祝福ムード一色だったという。

A子さんの知人がこう語る。

「A子さんは娘に対して自分と父親の関係を包み隠さずに教えていました。その上で、海老増産の結婚を丁寧に説明したので、娘さんも幼いながらに自分の立場を理解し、受け入れていたようです」

「麻央さんが妊娠したときは、『お母さんは違うけど、私にきょうだいができるんだね!』と喜んでいたそうですから。母娘ふたりで、海老蔵さんにお祝いのメッセージを送ったと言います」

「一方、海老蔵さんも自分にお子さんができたことで、一緒に暮らせないもう1人の娘に対しても思い改めたそうです。それからまた折に触れて顔を合わせるようになったそうです」

2010年11月、暴行事件が発生___

海老蔵が都内飲食店で男性に暴行される事件が起きたときのこと。

当時、海老蔵の酒癖の悪さが盛んに報じられていたが、A子さんは彼をかばい続けていたという。

「大丈夫かな…。何でもストレートに発言する人だから、相手に誤解されちゃうのよね…」

前出の知人によれば、そう言って海老蔵の身を案じるA子さん母娘の姿が印象に残っているという。

「離れていても海老蔵さんのことを思っているんだなぁって…。もちろん、今も連絡は取り合っていて、海老蔵さんは時間を見つけては娘さんに会っているそうですよ」

「最近は、娘さんが進路相談をすることもあるそうで、海老蔵さんは親身になって助言してくれたそうです」

彼にとっても、A子さん母娘にとっても、今が一番良い距離感なのかも知れない。

追伸

便宜上、A子さんと名前は伏せましたが、お名前は日置 明子さんという方です。

A子さん.png

本名:日置明子(ひおき あきこ) 生年月日:1974年2月5日(41歳) 出身:鳥取県八頭郡智頭町 職業:歌手、CMモデル


1995年1月11日に、木根尚登(元TM NETWORK)プロデュースで歌手デビュー。

アルバム、シングルを何枚かリリースしますが、鳴かず飛ばずでヒット曲には恵まれず、その後1999年、sonoと改名。

改名後の作品「SWEET SEASON」 がドラマ「温泉へ行こう2」の主題歌に使われるなどしましたが、名を残すほどのヒットには恵まれませんでした。

また、CMモデルとしても活動してました。

現在は芸能活動を中止されています。


スポンサードリンク






スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました